キャッシング即日:審査に通りやすい借入希望額とは

キャッシング即日:審査に通りやすい借入希望額とは

人によって審査に落ちてしまう原因は違うのですが、借り入れ希望金額に問題があって審査に通らない方もいます。 どの業者でもキャッシングの申し込みをする際にいくらの借り入れを希望するのか記入しなければなりません。

業者ごとに借り入れ可能な最高限度額は決められていますが、その範囲内でいくらの借り入れを希望するのか記入するのです。

ここでは必要な金額を記入することになるわけですが、初めから大きな金額を希望してしまうと審査に通らない可能性が高くなってしまいます。 たとえ最高限度額が500万円という業者に申し込んだとしても、限度額いっぱいの金額を希望するのはおすすめできません。

希望額を高めに設定してしまうとお金に困っているという印象を与えてしまうことがあるからです。 これは審査をする際に不利になるといえるでしょう。

必要なお金が30万円という場合は30万円を希望すると良いですね。 30万円あれば足りるものの、もしかしたら何かに必要になるかもしれないという理由で50万円の借り入れをしてしまう方もいるようです。

このようなことをすると審査に通りにくくなるばかりか、返済が困難になってしまうこともあるので気をつけなければなりません。

利用額を増やしたいと思っているのであれば、限度額の増額を検討しましょう。 最初から高額の借り入れを希望するよりもある程度継続して使用し、実績を積んだ後に増額の申請をした方が通る可能性が高くなります。

契約からどれくらいで増額が可能になるかというのは業者や利用状況によっても異なりますが、一般的には半年以上滞りなく返済をしている方は増額申請が通りやすいです。 増枠といっても一度に何十万円も増えるわけではありませんが、長い間滞りなく返済をすることにより、徐々に枠が増えていきます。

増枠は業者側から提案されることもあれば、自分で申し込まなければならない場合もあるので、自分が選択しているキャッシング業者がどちらのタイプかわからない場合は電話で確認してみると良いでしょう。
茨城県信用組合

また、Q&Aのページに増枠申し込みの方法が掲載されていることもあります。

キャッシングには年齢制限がある?

キャッシングでは年齢制限が定められています。 申し込みをする際には自分が年齢の条件を満たしているのか確認した上で申し込みましょう。

この条件に該当していなければ申し込みをしても審査に通ることはありません。 一般的には20歳以上69歳以下とさえ通り、この範囲内に回答する方で安定した収入があればキャッシングを申し込むことができます。

ただ、業者によっては65歳以下と設定している所もあるため、この年代の方は注意が必要です。 大手の消費者金融の多くは69歳以下を年齢条件としています。 カードローンの場合は65歳を基準にしているところが多く、中には70歳までならば申し込めるところもあるようです。

ただ、年齢が高くなると高齢者の方は退職し、年金収入のみで生活しているという方もいるでしょう。年金のみの収入で申し込みができるかどうかというのは業者によって判断が違います。 ですが、年金の他にもアルバイト収入がある方は審査に通る可能性も高いです。

仮に年金収入のみで申し込みができたとしても、他に収入がある方に比べると審査基準はかなり厳しくなってしまうので、借り入れができたとしても少額であると思っておいた方が良いですね。

もし年金受給者でキャッシングを検討するほどお金に困っているということであれば、年金担保貸し付け制度を利用してみてはどうでしょうか。これは公的融資で、使い道は制限されません。

独立行政法人福祉医療機構か日本政策金融公庫のいずれかに申し込みをする形になります。 年金を担保にして融資を受けることができるのですが、融資限度額は受給している年金額の1.2倍以内となっています。

消費者金融のキャッシングに比べると融資までの期間が約3週間と長いのですが、キャッシングの審査に落ちてしまったという方はこちらも利用を検討してみると良いですね。

高齢になってから借り入れをする際には、返済に関することもよく考えた上で無理なく返済できる金額のみを借りなければなりません。

在籍確認は必ず必要?

キャッシングを利用する際に気になるのが在籍確認に関することではないでしょうか。 周りに内緒でキャッシングをする方などは、職場に電話がかかってくると困ってしまうはず。

在籍確認とは、本当にその会社に勤めているのかを確認するための作業です。 会社宛にキャッシング業者から電話があり、本人に電話を引き継いでもらえれば在籍確認は完了となります。

また、その会社に勤めているものの営業職などで会社にいない時間の方が多い方もいるかもしれません。そういった場合も、会社側から「現在○○は席を外しています」といった回答が得られれば在籍確認は完了です。

在籍確認といっても「○○キャッシング業者ですがその会社で○○さんという方は本当に働いていますか?」というように聞かれるわけではありません。「佐藤と申しますが、○○さんはいらっしゃいますか?」というように、個人名を名乗り、電話してくれるのです。

ですが、勤めている会社によっては働いている従業員あてにめったに電話がかかってこないような職場もありますよね。そのような職場に勤めている場合、どうしても目立ってしまいます。

また、電話を受け付けする人が個人名で電話がかかってきた場合はキャッシング業者の在籍確認であるということ知っている可能性もゼロではありません。

こういったことから職場の在籍確認がないキャッシング業者を選びたいと思っている方もいるはず。 ほとんどの業者では在籍確認がありますが、一部の消費者金融では在籍確認の電話なしで借り入れが可能です。

これは、働いていることが証明できなくても良いという意味ではありません。 会社の社員証や給与明細等、書類でその会社で働いていることを証明できればよいのです。

それらの書類を携帯電話のカメラ機能などを使って撮影し、メールで送信すれば在籍確認として扱ってくれます。ただ、50万円を超える借入を行う場合、書類での在籍確認に対応している消費者金融であったとしても職場への電話確認を必須としているところがあるので注意しましょう。

業者によって審査通過率は違う?

気になっている消費者金融はあるものの、どちらの方が審査に通りやすいのか?と疑問に思ってしまうことがありますよね。すぐにお金が必要でキャッシングを検討しているという場合でも、キャッシングを利用するためには審査に受からなければなりません。

そこで、できるだけ審査の甘い業者を探しているという方も多いはず。 ですが、残念ながら他の業者と比較して審査に通りやすい業者や審査の甘い業者はないといえるでしょう。

もし仮に審査が甘いことを宣伝している業者があった場合はヤミ金である可能性が高くなります。ただ、業者によって審査基準が違うというのは本当です。

貸金業者は信用情報機関に登録されている情報をもとに審査を行うのですが、参照する信用情報が同じだったとしても業者ごとに審査基準は異なります。

審査をする際には収入や他社からの借り入れだけではなく、勤続年数や勤務先、居住年数や持ち家であるかどうかなど様々なポイントを総合的に判断することになるのですが、その基準が各社で違うのです。

同じ条件であっても審査に通る業者もあれば落ちてしまう業者もあるため、一度落ちてしまったからといって落ち込まず、他の業者に申し込みをしてみてはどうでしょうか。 ただ、1ヶ月以内に3社以上に申し込みをすると審査に落ちやすくなるので注意が必要です。

キャッシング業者を比較する際にできるだけ金利が低いところ選びたいと思っている方も多いでしょう。ですが、金利が低い業者は基本的に審査が厳しいと言われています。

だからこそ低金利を実現できているともいえますが、低金利の業者に申し込みをしたものの審査に落ちてしまったという方は、もう少し高めの金利が設定されている業者を選んだ方が良いですね。

金利が低いところといえば銀行です。 銀行のキャッシング審査は消費者金融の審査に比べて厳しいと言われているため、雇用形態や収入などにあまり自信がない方は消費者金融のキャッシングを選択した方が審査に通りやすいといえるでしょう。

このページの先頭へ